2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会

プレスリリース

G20大阪サミットにおける国際メディアセンター内の「大阪・関西魅力発信スペース」について

2019.06.27

令和元年6月27日 8時発表

同時資料提供:大阪府政記者会、大阪市政記者クラブ、大阪経済記者クラブ

 G20大阪サミットにおいて、インテックス3号館内に設置される「大阪・関西魅力発信スペース」 新規ウィンドウで開くの展示概要・内容について公表します。

名称

大阪・関西魅力発信スペース(英語表記:Osaka/Kansai Exhibition Space)

運営期間

2019年6月27日(木曜日)から30日(日曜日)まで
27日:8時から21時まで(実演ブース:10時から19時まで)
28日:6時から21時まで(実演ブース:10時から19時まで)
29日:6時から21時まで(実演ブース:10時から19時まで)
30日:6時から12時まで(実演ブース:10時から12時まで)

(注)茶道や舞妓によるお茶屋遊び、大阪・関西の食材を味わっていただくコーナーでの試食などの実演ブースは10時から19時の運営。なお、30日の実演ブースの運営は10時から12時までとなり、舞妓によるお茶屋遊びの実演は行いません。

設置場所

インテックス大阪3号館内(インテックス大阪:大阪市住之江区南港北1-5-102 新規ウィンドウで開く
(注)設置床面積は約500平方メートルです。

展示内容

基本コンセプト

過去から現在、未来へ大阪・関西の多彩な魅力を綴る

主な展示内容

  • 大阪・関西が持つ「伝統工芸」「食」「産業技術」「歴史文化」や2025大阪・関西万博などの多彩な魅力を「過去」「現在」「未来」の3つの区分で展示。
  • 大阪・関西は、長い歴史の中で、歴史を「守り」続け、自らの工夫で伝統の型を「破り」、新しいチャレンジの元、伝統から「離れ」、新しい文化や伝統を作り上げており、その考え方は、「過去」「現在」「未来」の展示にも通じている。
  • 過去(伝統工芸・歴史文化)では茶道や舞妓によるお茶屋遊びの実演や堺の刃物などの伝統工芸品や各地の祭りを展示。
  • 現在(食・生活空間)では、大阪・関西の食材を味わっていただくコーナーを設けるとともに、大阪・関西発の製品などを展示。
  • 未来(産業技術・万博)では、最新技術を搭載したロボット、VR技術の実演や「2025大阪・関西万博」の特設ブースを設置。
  • 今後の大阪・関西の広域的な取組みでもある「海洋プラスティックごみ問題への取組み」や国際的なイベントである「ラグビーワールドカップ2019」「ワールドマスターズゲームズ2021関西」なども展示。

展示物選定方法

各府県からの地元産品等の推薦リスト等を基に有識者による選定委員会で議論しコンセプト、展示内容を絞り込み。

別添1:大阪・関西魅力発信スペース展示物一覧(PDFファイル、1.1MB)新規ウィンドウで開く
別添2:大阪・関西魅力発信スペースコンテンツ選定会委員一覧(PDFファイル、0.5MB) 新規ウィンドウで開く

大阪・関西魅力発信スペースに関するお問合せ先

2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会事務局 企画部
所在地:大阪市住之江区南港北1丁目14番16号 大阪府咲洲庁舎34階新規ウィンドウで開く
電話番号:06-6941-0351(代表)(内線:3218)、06-6210-9401(直通) ファックス:06-6210-9337

このページの先頭部へ戻る